役に立つメール内容にする

メール配信は一斉配信よりも顧客一人一人に合ったものを

メルマガは、複数の顧客に対して一斉配信というのが一般的な形です。しかし、近頃では顧客側が自分に合った情報を求めているため、必要がなければ配信停止の手続きを取るようになりました。メルマガの開封率やクリックする回数を上げるためにも、顧客が期待しているような情報を届けなければなりません。そのためには顧客一人一人がどのような情報を求めているかを正確に捉え、有用で面白みのある情報を提供する必要があります。それには、配信するメールが目的に合っているか、誤字脱字がないかなど読み直してチェックすることが肝心です。特に、送信先を間違えてしまうと、メールを受け取った側は不快な思いをするでしょう。メールを送信する直前にも、チェックが必要です。

メールの内容は件名から本文までわかりやすく構成する

メール配信をする際に大切なことは、メールの件名を具体的に、なおかつ簡素に伝えることです。件名が、顧客側からみて興味をそそられるような内容にすると、メールの開封率アップにも繋がるでしょう。メールが開封されたら、次は最後まで目を通してもらえるように、読みやすいレイアウトになっているかチェックします。全体の文字数や改行、空白などに気をつけて誰もが読みやすい文章にすることが大切です。また、要件だけではなく、挨拶や本文、追記など構成も考え、メールが見やすくなるように工夫をすると良いでしょう。商品の写真などは、備え付けファイルとして添付してインパクトを与えます。商品をいろんな角度から撮影した写真がわかりやすく、売り上げアップに効果的です。

メール配信のサービスを利用すれば、顧客に重要な情報をまんべんなく届けることができます。利益率アップを実現したいなら、サービスの導入を検討しましょう。

© Copyright E-mail Viewpoint. All Rights Reserved.