無料または低額でメール配信サービスを提供する

最初はコストを抑えて配信する

メール配信を低価格で実行したいと考える人、企業は少なくありません。メールを活用したビジネスを軌道に乗せるまで、余分な経費を使いたくないと考える担当者は多いからです。最初はメールを無料・低価格で配信し、人気が出てきてから価格をアップさせる方法をとる人も少なくありません。
メール配信の経費を抑え、受信者にも最初は無料で配信することによって、次第にメール配信ビジネスによる収益アップが見込めるようになるでしょう。収益アップがある程度続くようにするためには、コンテンツを徹底的に練りこむことが重要です。ユーザーのニーズに添った形で質の高いコンテンツを提供し続けることが、顧客確保や収益増加につながるといえます。

ある程度収益が出たら差別化を図る

コストを抑えて内容の充実したコンテンツを配信することによって、収益アップを継続させることは重要です。ある程度安定した収益を見込めるようになったら、更なる収益アップを見越して顧客の差別化を図りましょう。
ヘビーユーザーといえる購入率の高い顧客に対しては、ある程度の費用で更に良質なコンテンツを提供するメールを配信することです。購入率の高い顧客であれば、顧客のメリットになるメールを配信すると理解できれば、費用をかけてでもメールを読んでくれます。
メール配信で良質なコンテンツを提供するメールに関しては、メール配信会社もある程度費用をかけることも選択肢の一つです。より利便性の高いメール配信システムを活用し、自社の負担を低減して更なるサービス充実を図りましょう。

メール配信API連携にすることで、基幹システムと連携して自動でメール配信を行うことができます。また、自社サーバーの負荷を減らすことも可能です。

© Copyright E-mail Viewpoint. All Rights Reserved.