テーマと関係があるメールだけ送る

定期的にメールを送るよりも重要なことがある?

メール配信を始める場合、どのような期間でメールを送るかを検討することが多いでしょう。毎週、決まった時刻に配信できれば、「そろそろメールが来るかも」と顧客に意識して貰うことすらできるかもしれません。しかし、それ以上に検討しておきたいことは、配信するメールの内容・テーマです。
例えば、生鮮食品を扱うスーパーマーケットのメールであれば、購読者のニーズは、目玉商品や格安商品の販売情報を知ることにあると考えられます。お店で起きた面白い話題などを配信しても、需要には一致しないでしょう。反対に、サービスなどを提供する店であれば、店に対して好意や親近感を持って欲しいという狙いがあるので、店のちょっとしたコラムや業界情報などを配信することになります。このように、店と顧客の関係性などに応じたテーマ設定が欠かせないのです。

テーマやニーズに沿った配信回数を検討しよう

配信の頻度や回数は、テーマに沿って考えた方が負担が少なくなります。なぜならば、テーマをメインにしないで設定してしまうと、「配信する必要があるものの、メールに書くべき内容が思い浮かばない」という問題が発生し、担当者の負担になるだけでなく、テーマからかけ離れたメールを顧客に送ってしまう結果になりかねないからです。
例えば、飲食店であれば、今日のおすすめメニューや予約状況などをお知らせするメールを毎日送っても、さほど大きな負担にはなりません。しかし、衣料品店などは日々仕入れる品物が変わるわけではないので、毎週や毎月といった頻度が無難です。どうしても配信頻度をあげたい場合は、コーディネートに関するアドバイスや、業界特有の豆知識や流行情報などを取り入れると良いでしょう。

© Copyright E-mail Viewpoint. All Rights Reserved.