商品やサービスの新着情報を送る

セグメント配信を使ってみよう

メール配信は顧客に向けて情報を提供するのが目的です。大量に配信してもうまくマーケティングができないので、こういうときはセグメント配信を使ってみるといいでしょう。セグメント配信は属性を設定して特定層にだけメールを配信します。例えばある電化製品を購入したお客さんに関連する電化製品の情報を提供できるのがメリットです。効率よくアピールできるのでお客さんが関連商品を購入してくれる可能性も高まります。うまくセグメント配信を使えば年齢や地域別にメール配信ができるのがメリットです。ちなみに1回あたりの金額は数百円程度、安価な大量配信と使い分けるといいでしょう。会員別や購買データを使うセグメント配信はマーケティング戦略を施策するときに有効な手段といえます。

HTMLを使ってデータ収集ができる

文章だけのメール以外にメール配信サービスではHTMLを使ったメールを配信できるのが強みです。これは文章の他に画像が添付されているメールで、お客さんに視覚的に商品をアピールできるのがメリットと言えます。HTMLメールは食品関係の商品をアピールするときに最も効果的で、実際に商品を購入してくれる方も多いというデータが出ているのが特徴です。またデータを取得する機能が備わっていて、メールの開封率を集計できるのが強みと言えるでしょう。実際にどれくらい開封されているのか、クリックしてオンラインショップにアクセスしてくれているのかを確認できます。これもマーケティング戦略に使う事ができる要素なのでセグメント配信と合わせて使ってみるといいでしょう。

© Copyright E-mail Viewpoint. All Rights Reserved.